システム開発の目的について

今では企業や学校、アミューズメント施設など、いろいろな所でシステムが用いられてます。そのため、システム開発は様々な目的で行われますが、特に多いのは自動化を目的としたものです。例えば、ショップであれば、売上から流行を分析するようなシステムがあれば便利ですよね。システムを使わずに毎日手作業で行うのは大変であるといえるでしょう。また、企業であれば、社員の就業管理を自動で行えれば経費のカットに繋がります。

システム開発における仕様策定は重要!

システム開発は多くの手順を踏んで行われます。まず最初の作業として、システムの仕様を定めるための会議を行われることが多いです。最初に仕様がしっかり決まっていないと開発途中で方向性を見失うことになります。また、システムが完成した後に、いろいろな不具合が見つかってしまうことも珍しくありません。そのため、システムに求められる要件を洗い出して開発の方針を定める仕様策定は、非常に重要な作業であるといえるのです。

システム開発におけるプログラミング

システム開発ではプログラミングが欠かせません。特に大規模なシステムの場合は、多くのプログラマーが開発に参加することになります。そのため、開発に使用するプログラミング言語を統一することが必要になります。また、同じプログラミング言語を使うだけでなく、コーディングを行う際の作法を統一する必要もあります。そうしなければ、不具合が見つかった場合のデバッグは非常に困難になってしまうでしょう。誰が見ても分かりやすいコードを書くことが求められます。

IBM notesでは現在の状況に対応できなくなってきているので、新たにnotesのマイグレーションサービスを提供しています。