起業に大切なことは何?

企業勤めから独立して起業したい、と思う人は結構多いものです。今ではネットで簡単に起業することができることも背景にあります。けれども、最初にきちんと理解しておきたいことがあります。企業ではそこそこ仕事ができたとしても、それは会社というバックボーンがあるからです。実際に自分の技術力などを過信して失敗する人は大勢います。まず最初に心得ておくことは、自分には取引先を開拓するだけの信用が無いということです。

信用力を高めるために必要なことは?

起業する上では、とにかく信用力を高めることが重要です。資金確保するためにも、顧客を増やすためにもまずは信用力が必要です。商品や技術は二の次ということです。ではその信用力を高めるためにはどうすれば良いのでしょうか。とにかく最初に顧客を作っておくことです。独立起業するためには、最初にある程度の取引ができる顧客が必要ということになります。極端な話、どのような商売をするとしてもお客になってくれるような顧客を用意しておくことが大事なんです。

最初の顧客はどうやって確保すれば良いのか?

会社勤めをしていた頃の顧客を当てにして起業すると失敗します。会社というバックボーンが無くなれば、まずほとんどは相手にしてくれないものです。それよりもまずは起業する前に、サイトなどを立ち上げておいてファンを増やしておくことが大事です。その中でどんなサービス提供をする予定なのか、どんな商売をしようと考えているのかをアピールするわけです。それに賛同してくれるファンが多くついてくれていれば、起業した後はそのまま顧客候補になってくれます。

お店を1から作らずとも有名店の名前、システム、料理など、ある程度の完成した店舗を加盟という形で一部権利を分けてもらい自身を事業者として営業することをフランチャイズと言います