太陽光発電が安価な電気となる日

現在でも発展途上国などでは、太陽光発電が一番発電コストの安い方法だったりします。送電網の整備がされていないからだそうです。太陽光パネルの値段はこれからどんどん下がると言われていますが、下がる前の現在でさえ、場所によっては安価な発電方法になってるってことは、かなり見通しは明るいのではないでしょうか。現在は火力発電が安いみたいですけど、化石燃料の値段は激しく変動しますからね。コストが下がる一方の太陽光発電は有利かもしれません。

太陽光パネル生産量の激増

太陽光パネルの生産量はここ十年で飛躍的に伸びましたね。今後も伸びて行くでしょうし、技術の進歩で発電効率も上がっていくことは確実のようです。地球に降り注ぐ太陽光をフル利用すれば、人類の電気需要は簡単に満たせるんですって。砂漠にパネルをとか、宇宙空間にパネルをなんて計画もあるようです。ただ、その場合ネックになるのが送電コストなんですよね。電気の消費地に太陽光パネルを設置するのがやはり一番いいわけです。送電コストもかけず、パネルも安くなれば、ますます有望なエコエネルギーとなりますね。

太陽光パネルはかなり長持ちする

導入価格が高いことが普及の足かせとなっている太陽光発電ですが、導入後はあまりコストがかからないようです。風量発電は機械の摩耗や損傷がかなり懸念されるみたいです。まあ見るからにそうですよね。あんな大きな設備が比較的短い期間で廃棄などということになったら、環境にかえって負荷をかけてしまいます。太陽光パネルは20年経っても出力が1割くらいしか落ちないとされていて、かなり長持ちするシステムのようです。どんどん普及してほしいものです。

太陽光発電の価格は安くなっており、国からの補助金も出ますので、非常にお得な価格で設置する事が可能です。

詳細はこちら
長州産業の太陽光発電が見つかる